新潟、日本酒、地酒天国 にいがた酒の陣2009(8) しっかりした酒の味

画像


香りたつ酒の良さって甘さと程遠いものなのだけど、初めて新潟の酒を飲むと勘違いしてしまう。
理屈ではなく口に含むと判るって、そう思う。そんな酒を飲みながら酔えるって幸せだ・・・、なんか酒を飲みながら哲学的になりそうな、そんな幸せがある(笑)。

41-村上市 宮尾酒造の〆張鶴
画像


村上市は新潟から北へ走り、山形県へ抜ける前の瀬波温泉や笹川流れの美しい日本海に恵まれた地元愛の強い地域でもあります。それだけに日本酒にも自己主張を感じる(笑)。
雪月花、それぞれに主張があります。

画像

冬の限定、生原酒は通常より度数が高いから口に含むとぐっと来る・・・。でも、それ以上に口の中に荒々しい香りが沸き立つのでフーッと両の耳から抜けていくような気がする。
グッと来て、すきっ腹に美味しい~~~(笑)。
やっぱり、〆張鶴(しめはりつる)の良さは、香りの良さと味の主張がバランス良いって個人的に思ってます。
あー、美味い。











42-村上市 大洋酒造の大洋盛

画像


今回、越淡麗のすっきりした新潟の酒に仕上がっていました(笑)。美味しいです、飲み飽きないそんな酒です。やっぱり村上には良い酒の文化があるんです。

笹川流れの美しい海です!

画像


43-新発田市 市島酒造の王紋

画像


新津に近くなると嬉しくなるなあ(笑)。美味しいですよ、新発田って珍しい日本語なんですって(驚)。是非、みなさんも新発田城とか観光に行ってください。
王紋、美味しいです。市島酒造には他にもいろんなブランドがありますがバランスよく、値段も手頃で美味しいです。
知って欲しい酒の一つです。

44- 新発田市 菊水酒造の ふなぐち菊水一番しぼり

濃いんですよね、この酒(笑)。旅行に行くとき、一人のとき、カップ酒でお世話になりました(お礼)。
でも、五郎八など濁り酒などでも有名です。

画像


新発田城をご覧ください(笑)
新発田市は歴史と文化の香りを感じる城下町です。足軽長屋など散策にも良いですよ。ここには年配の地元説明員がいらっしゃり詳しく説明してくれますから、結構楽しめます。
驚いたのは赤穂浪士で有名な堀部安兵衛(ほりべやすべい)が新発田市出身だったということで銅像があります。
新発田城そのものは隣が自衛隊新発田駐屯地なので復元に制限も受けているのだとか・・・。
いろいろ大変ですね。

画像


画像


今夜はおやすみなさい
友達と盛り上がりすぎて飲み過ぎないように・・・・・、心配しています(涙)。

毎日ブログを更新し、ブログ村のランキングに参加しておりますので
どうか下の小さなバナーをクリックして下さい。ご協力お願い致します。
多くの方々の楽しい地酒や新潟に関するブログも閲覧出来ます。
      ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 日本酒・地酒

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 新潟情報

ITOMPS


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック