こんな人事部の会社に入社したら、社員が可愛そう

先程、NHK新潟放送局で地元大手建設会社の新入社員が自衛隊新発田駐屯地で1泊体験研修に参加しているニュースを流していました。10人にも満たない新入社員が、朝から大きな声の挨拶や時間厳守を始め集団行動を厳しく指導されて良かったと、息を切らせながらお決まりのコメントを言ってました(笑)。

何故、この程度の新人研修を自分達で行わないのかな~。外部体験でのショック療法とか言うんだろうか(苦笑)。
勿論社内に戻って研修するのでしょう、きっと。

会社自らきちんと新人に指導するから新人は会社に対して尊敬の気持ちを持つのですが、
自衛隊で厳しい研修を受けて、会社に行ってみたら社員はダラダラしている・・・、先輩社員が会社の愚痴を言っている、・・・・なんてのを新入社員が見ないこと願います(笑)。

建設会社は、現場で時間厳守は勿論安全管理など労災対策も含めて本来厳しくなければならないのに現場責任者任せと言うことが多く、現場朝礼では下請けに対して厳しいのに本社の社員朝礼はダラダラしてるってケースが多い。H社がと言うわけでは無いけれど、そういう会社では原価管理も甘いし競争入札現場では赤字を出してしまう甘い企業体質を持っている。

最近の製造業が操業停止の中でも上司自ら社内研修を繰り返している、そんなニュースと比較してしまう。

既存の社員が出来ないことを新入社員にうるさく言っても会社は変わらないし、会社も社員も成長しない。
ニュースに出ていた新入社員が今後社内でどのような指導を受けていくのだろうか、ちょっと心配。
新人に基本的な社会人としてのルールを企業自ら指導できない人事部体質は大丈夫か、と感じるニュースでした。

いろんな企業を訪問する時、企業内にたくさん勇ましいスローガンが貼ってあるのを見ると「この会社の出来ないていないウィークポイントなんだなあ」って、僕は思ってみています(笑)。
人事部&経営者の皆さん、新入社員が育つかどうかは既存社員の成長があってこそ、頑張りましょう。


そうかも、と思っていただければクリックをお願いします。
      ↓
ブログランキング・にほんブログ村
<a href=にほんブログ村
 
ITOMPS

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック