中小企業の新型インフルエンザ対策

ニュースでは高速道路の渋滞と、マスクをして駅や空港にいる人々々・・・。新潟も快晴だ、気持ち良い~~~(笑)。多くの人が出かけて観光して買い物して、少しでも景気回復!
大手企業や生活維持関連産業の企業では、既に新型インフルエンザ対策は進んでいます。しかし、中小企業では全然身近な話題では無かったでしょう。せっかくですから、この機会に身近な問題として経営陣は新型インフルエンザ対策を考えてみませんか?基本は、感染予防と事業継続です。

基本が感染予防と事業継続ですが、話し合いだすと意外に検討すべきことが多くて何をどの順番ですべきか?費用はどうしたらいいのか?などなど問題山積です(ほんっと)。

日本(厚生労働省)の被害想定

・想定される発症率:25%
・潜伏期間:不明(発生後に判明)
・致死率:0.5~2%
・欠勤率:20~40%
・欠勤期間:10日程度
・流行の波:8週間程度
・国内への到達時間を2~4週間程度と想定

【感染予防】
①通常のインフルエンザとの違い
・短期間に感染地域が拡大する可能性(2~4週間)
・影響する範囲が広範囲になる
・影響する期間が長期間(8週間)
・対策が限定され、また不確実(初めてだから)
・従業員や顧客に与える心理的不安が大きい
・事業への影響が大きい、または大打撃となる

②経営陣トップを巻き込んだマニュアル作成の必要性
・自社従業員に発症した場合、幹部に発症した場合
・被害・影響をどの様に想定するか
・・・・・

③継続すべき業務の優先順位
・製造現場
・営業現場
・管理部門
・・・・・

④発生した場合の連絡体制   
・・・・・・
休業を命じる基準など

防疫(従業員の予防)体制は準備だけで膨大なコストが必要 などなど

【事業継続】
実際のアクションプランなど・・・・

まあ、ここには到底書ききれないのですね。
このような機会は不安ですが、逆に言えば社員の意識が集中しやすいので協議を始める良いきっかけになるのは間違いありません。

興味があって詳しい話を希望される方は書き込みください。
それでは。


こちらは、ブログランキングです。
      ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 新潟情報

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック