テーマ:新発田

秋に新発田を愉しむ法、サイクリング。

こんな景色も新発田の景色。 先日新発田を自転車で散策したときのワンショットですが、好きな一枚です。 水がすっごく、綺麗でした。 新発田の旧JR赤谷線跡がサイクリングロードになって秋空を楽しめるんですね~ 紅葉も始まりましたね~
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

笑って、幸せのおすそわけ。 宝光寺チャリティー寄席は月曜日(笑)

来週、月曜日。8月10日午前8時半からチャリティー寄席が新発田市、宝光寺で開催されま~す。 夏の暑さを朝から笑って吹き飛ばし、一緒にアジアの子供達に優しくできるんだから嬉しくなる 参加は無料で、新発田市出身の三笑亭夢吉さんの落語が聞けるい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新発田市、宝光寺でチャリティー寄席が8月10日に開かれます

新発田市の寺町にある、新発田藩主溝口家の菩提寺で廣澤山 寶光寺(宝光寺)でアジアの子供達を支援しようと言うチャリーティー寄席(笑)が開かれますのでご案内。 落語をゆっくり楽しみながらちょっと社会貢献、なかなかいけるでしょ~ 8月10日(月)朝8時半からで~す{%クラッカーwebry…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

新発田城は、浮船城  そして、蕗谷虹児(ふきやこうじ)記念館

濠の中に浮かぶような新発田城、二の丸隅櫓です。日本100名城に選定されていて「浮船城」、「あやめ城」とも言われています。 一時間ほど前、五十公野(いじみの)公園であやめを楽しんでいた頃は抜けるような青空でしたが、いつの間にか落ち着いた新潟らしい空になって堀に浮かぶ写真が撮れました、ラッキー 新…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

新発田市 石泉荘の苔と緑をいつまでも楽しみたいですね

前回の石泉荘の続きです。 赤松の皮を残した床柱や土壁の意匠、廻り廊下から見える垂木の違いなど説明を聞きながら、お茶をいただきゆっくり時間を楽しみました 新発田川が流れこむ庭は新緑の季節も勿論、紅葉の頃も素晴らしいそうです。 ちょうど今の季節は、藤棚から躑躅(つつじ)、さ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新発田市 石泉荘は苔と緑の素晴らしい邸宅です

清水園のすぐ近くに、新発田川の流れを邸宅の中に取り込むという贅沢な造りの石泉荘が静かに佇んでいます  新発田駅から徒歩で10分程度、清水園の近くに石泉荘はあります。多くの方に知っていただきたい。 もともとは、石崎氏の別荘。 清水園から程近い場所に、こじんまりした…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

新発田市五十公野(いじみの)公園、あやめは本当に綺麗です

あやめを満喫できること、間違い無しです  初めて行きましたが、広い山裾に様々な種類のあやめが咲いています。新発田市には、知られていない素晴らしいものが多いなあって、訪れる度に思います。 新発田市郊外の五十公野(いじみの)公園。中はゆったりしてて、落ち着きます{%うれしいwe…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

新発田市、宮村麩まんじゅうでおめざ(笑)

早く起きた朝は・・・、って昔の唄の台詞にあったような気がする。今朝は小雨が降る中、いつもの週末どおりSLも新潟に元気に出発して行きました。昨日今朝、早朝から足が攣るので目が覚めた(痛)。高校生の頃と同じで身長が伸びているのかな?などと馬鹿なことを考え苦笑い。 ここ2年ほど、季節の変わり目の早朝に脹脛(ふくらはぎ)や大腿部が…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

新発田市観光ガイドブックです

今年、新発田市では市内を中心として、月岡温泉、紫雲寺公園などエリア内を楽しめる判りやすく美しいパンフレットを作成して、各地ガイドに於いて無料で配布しています(見開きA4、全31頁)。 なにより驚くのは、写真の質の高さとメッセージ性の高さです。よくある観光パンフとは一線を画していますね~。 作成は、新発田市産業振興部観光振興課…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

新発田市の武家屋敷です

清水園の傍らには、武家屋敷を見学することが出来ます。足軽長屋とは違い落ち着いた佇まいです。 住宅建築の基本は平屋だと、多くの住宅建築関係者も認めますが(笑)。 九州、長崎島原の武家屋敷、山口長府の武家屋敷、武家屋敷って共通するなあ~。 座敷からの眺めも落ち着きます。狭くても、静かで爽やかな風が通り抜けそう・・・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

新発田市、清水園は隠れた銘園です。

池に映り込んだ緑が綺麗で、新発田藩下屋敷の座敷から長い時間見とれていました。 300年以上の時間をかけてこの庭園は造られてきたそうですが、新発田藩主そしてこの庭園の価値を知る北方博物館の伊藤家、そして新発田市のみなさんの努力が守ってきました。 周囲の雰囲気も素敵で、清水園に入る前から楽しめるのは京都の庭園や金沢の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新発田市の、市島酒造の素敵な時間

「王紋」で有名になっている市島酒造が、新発田駅から程近い諏訪神社の傍にあります。年間3,000石前後だと聞きましたがすっきりした飲み飽きの来ないお酒で、蔵では見学(試飲)や食事が出来ます。 食事(甘味)処の入り口です。 こんな綺麗な庭を見ながら、ゆっくりした時間を贅沢に楽しめます。 実際に、お住…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

新発田市に行ってきました、駅前再開発も進んでますね。

今日は所用があって、新発田市に行ってきました。街中は、お城や古い寺町のイメージで統一させようとしていていろんな努力が行われていました。交番も瓦屋根です。 新発田駅前の旧大倉製紙跡地に県立病院をもってきたのは良い案だったと思います。また、隣接エリアにある工場跡地で運動場やコミュニテイセンターを配置して年配の方々だけで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more