新型インフルエンザへの、こころの備え

ついに日本人にも陽性反応が出ましたから、各企業の具体的な対応のニュースが伝わってます。重要なリスクマネジメントです、厚生労働省の対策ガイドラインを参考に備えをしましょう。
WHOのフェーズ表で、フェーズ5とは「人から人への新しい亜型のインフルエンザ感染が確認され、パンデミック発生のリスクが大きな、より大きな集団発生がみられる」と言うものです。(フェーズ6は、パンデミックが発生し一般社会で急速に感染が広がっている、ということになります)

日本(厚生労働省)の被害想定
・想定される発症率:25%
・潜伏期間:不明(発生後に判明)
・致死率:0.5~2%
・欠勤率:20~40%
・欠勤期間:10日程度
・流行の波:8週間程度
・国内への到達時間を2~4週間程度と想定していました。(しかし、・・・・どうなるでしょう)

上記は、鳥インフルエンザなど新型インフルエンザを想定したもので、豚インフルエンザに直ちに対応するものではありません。しかし考え方としては、個人、企業共に自らの行動の指針になると思います。
つまり、神経質になって怯えるより判断すべきポイントを押さえて準備対応したほうが良いということです。

個人では、うがいや手洗い体調管理など、ほんとうに流行が確認されてから潜伏期間などの政府からの発表などを参考に不必要な外出を控えるなどの行動で対応も可能だと思います。
2m以上他人と離れるなど、東京では不可能ですが新潟なら比較的可能です。
その意味では、いざとなったら1~2週間程度自宅に立てこもることが出来るくらいの準備をしておくと良いかもしれません。ただ、今から意識が閉鎖的になって外出を控える行動になったら益々景気が悪化します。

ただ、企業においては従業員に発症者がでると最低でも2ヶ月程度企業活動に影響がでるので、発生時の対応、稼働率、従業員のシフトや休業指示など、水際対策をすり抜けて発生した後の速やかな対応と中長期間の資金繰りの準備をしておく必要があります。
政府も被害企業の資金繰りに対応する準備をしたほうが良いと思います。
・短期間に感染地域が拡大
・影響の範囲が極めて広域
・影響が及ぶ期間が長期間にわたる
特に小売、サービス業など多くのお客様が相手の仕事では防疫はしにくいですね。

自分たちで対応できる範囲の準備を考えたほうが良いです。

宜しければクリックお願いします
     ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 新潟情報

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

なんだか
2009年05月01日 00:09
鳥に気を取られていたら、
思わぬ伏兵が‥‥
ふつうの(?)インフルで、年間、多いときで1万人ほど亡くなるんだそうです。
お年寄りや病気の人など、
体力が落ちている人が危ないんでしょう、きっと。
体調を整えて備えましょうね!
chobi
2009年05月01日 00:10
あ、chobiでした。
失礼しましたー(///∇//)
新津から、こんばんは~
2009年05月01日 00:30
どもども、chobiさん
ほんっと、気をつけましょうね(笑)。学校も心配で、まずは流行しないように願ってます。
2009年05月01日 06:40
おはよ~~ございます。
山はよく登るんですが、名前わかんな~~~い。(ごめんなさい~~)

昨日臨時ニュース見てマスク買いに行ったんですが、売ってませんでした~うちの分は2個買えましたが・・・そんなにすごいの??
マスク確保した方がいいのかな???
新津から、こんにちは
2009年05月01日 11:55
サマンサさんへ
不織布マスクはウイルスを防ぐ能力は期待できませんよ~、ウイルスの大きさはとても小さいので。
ただ、疑いのある人に対しては飛び散らせないようにマスクの使用を求めています。
連休前に、みんなが外出を控える気分になると困る人が多いでしょう。そっちが残念です。

マスクや、備蓄品の売上には貢献しているでしょうか。
純米シュ
2009年05月01日 21:16
私は総合病院に勤めているのですが、
患者さんに接するスタッフは全員マスク着用。
予防効果がどこまで期待できるのかはよく分かりませんが、少なくとも患者さんたちへの意識付けにはなるのかな…。
最初は「風邪ひいたの?」と聞いてくださる方がほとんどでしたが、最近は「インフルエンザ怖いね」と声をかけてくださいますよ。
マスクも無料で配布しているので、着用率も高くなっているかな…?
海外渡航歴があり、発熱のある方は、県や市に相談窓口があるので、まずそちらに連絡を。
発熱外来のある病院もあります。
受診の際は、あらかじめ電話などで相談してほしいですね。
病院はそもそも病気などで体調が悪い方が多いので、あっという間に広がります。また重篤な状態になってしまう方も多いので…
新津から、こんにちは
2009年05月02日 01:42
純米シュさん
大変ですね!!!
大変なお仕事で、心配していますよ(驚)。

病院などは、自治体や政府が支援してN95タイプレベルのマスクをスタッフ用に配布したり、来院患者さんたちに不織布マスクの着用を義務付けることを検討する必要があるのではないでしょうか!
くれぐれも、医療の最前線で頑張る方々に被害が出ることの無いことを願っています。

その意味では、政府のリスク管理の進め方に大きな疑問を抱いています。
今のところ被害は報告されていませんが、ぜひとも慎重で組織的な対応を願っています。

この記事へのトラックバック