平成21年度補正予算が衆議院で可決されました

平成21年度予算
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h21/h21top.htm

平成21年度補正予算
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h21/hosei210427.htm

たまには、財務省のHP覗いてみませんか(笑)。
今日14兆円の補正予算に、10兆円の借金を日本は積み重ねました。

補正予算14兆円のうち3兆円は融資枠を組み込んでいますが、金融機関は返済見込みの無い企業への融資は出来ないのです。日本では返済不能に陥っている企業が急増していると今朝のニュースでも伝えています。
受注売上が激減している企業にとって今回の補正予算は絵に描いた餅そのものです。

雇用対策としては1.3兆円を組んでいます。
そのうち7000億円は職業訓練です。職業訓練校で訓練を受けるためには数十倍の競争率で、しかも卒業後の雇用見込みはありません。
また、3000億円は緊急雇用創出というもので具体性や継続性が不明です。

残りの予算のほとんどが、実質建設関連予算です。
予算委員会での質疑でも問題にされていましたが、廃止されるはずの公務員の天下り先である雇用促進事業団などにも多くの予算がつけられています。そのすみっこで、年金記録対策体制整備の為に520億円も計上されています。泥棒に追い銭って言葉を思い出します。

いま、働く人たちの為に必要とされている保育所への支援や、将来のための教育の具体性がありません。一方、ほとんどが設備拡充という箱物、建築、道路の新設予算です。各省が予算を確保し、その予算執行でまた権限を強化していく、その繰り返しです。建設関係の予算が増えたからといって、必ずしも地方の建設会社が潤うわけでもありません。

国債と言う確実な借金だけが増加して、本当に必要な国民の安心につながるとは、とても思えない残念な予算が通過しました。いま、私達の税金の使われ方、私達の将来、そして子供達の未来が本当の危機を迎えていると想います。今の体制では、地方行政にとっても光明をみつけることは困難な気がします。

参考までに、昨年平成20年度一般会計歳入歳出の内訳を添付します。

http://www.mof.go.jp/zaisei/con_02_g01.html

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 新潟情報

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2009年05月15日 00:37
本当に建設関係の予算が増えたんですか~
新潟は今マンション建設がブームですが、大手の会社でもだいぶリストラされたみたいで、新潟営業所閉鎖とか聞きますが。。。実際に予算が回る時期は後ですね(汗)

働くお母さんたちには、保育所が無ければならないけど、予算が下りてこないから、無認可が増え、保育料が5万円位するそうです~
高いですね。
2009年05月15日 17:52
新潟のマンションブームは2年以上前に計画されたものでしたから完全に失敗でした。個人的にも景観破壊の観点から反対でしたし・・。あのマンション、投売り始めたら地元の住宅会社大変ですよ~~(苦笑)。

保育所の問題は、新潟でも深刻ですか?う~~ん。今回の予算にはその辺の期待は難しいでしょう、回されてる予算少なすぎです。新潟県は企業内保育所支援制度を始めましたが、どれくらいの企業が手を上げることができるでしょうか、残念ですね。

この記事へのトラックバック