新型インフルエンザ対策、マスクの使用について

病院へは、必ず不織布マスクをつけて行きましょう。
海外渡航歴があり、発熱のある方は、県や市に相談窓口があるので、まずそちらに連絡をしましょう。発熱外来のある病院もあります。受診の際は、あらかじめ電話などで病院に相談しましょう。
病院はそもそも病気などで体調が悪い方が多いので、あっという間に広がりますし重篤な状態になってしまう方も多いので。

上記は、純米シュさんの書き込みを引用させていただきました(感謝)。
前回のブログで不織布マスクに予防効果は無いと書きました。しかし新型インフルエンザを含む病気の可能性を持っている方が病院を訪れる際にはくしゃみなどで飛び散る可能性を少しでも減らすために、是非ともマスクをして行きましょう。保守的に考えて行動することをお勧めします。

くしゃみと共に気道から出る飛沫は5ミクロン以上と考えられていますので広い意味で拡散を防ぎます。しかし、従来型のガーゼマスクは無理ですよ。

前回、前々回のブログに米国医学研究所委員会や米国疾病対策センター(CDC:ニュースでよく出ています)の、マスクの予防効果に関する記述をしています。参考までに。

でも病院へ行く時は、特にマスクの装着を心がけましょうね!

良かったらクリックをお願いします。
    ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 新潟情報

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック